スキーのバスについての説明

冬になりますと、人気がでるのはスキーでこの時期になるとスキー場へ行く人達が多くいます。



その際に自家用車で行く人もいますが、路面や雪の状況や交通渋滞を考えてバスを利用する人達もいます。


雪道の中で、自家用車でスキー場に行く際にはタイヤチェ―ンを使用する必要性があり、また渋滞も激しく渋滞しております。そんな中で最近ではバスでの移動が人気であり、乗車料金も安くなっております。

バスを利用する際には、タイヤの交換やチェ―ンの取り付け作業は省かれますが、交通渋滞だけは避けられないのです。

バスを利用する事により、初めて行くスキー場におきましても運転手はどの道が混んでおりどの道が早く目的地まで行けるのかを把握してる運転手が多くいますので、時間短縮にもなります。


また乗車の際には事前予約が必要になりますが、これも出来るだけ早く予約をしておくと満席になる心配はありません。また一番多く困ってしまうのは、トイレです。
これにつきましても運転手がどのあたりが一番渋滞をしているかを、把握しておりますので、渋滞前にトイレ休憩を入れる場合が多いです。
またバス会社によりましては、車内での無料のドリンクサービスを行っている会社もあり、車内には緊急用の薬や毛布等が備えある場合が多いです。



利用する際には絶対やってはいけない事があります。
当日の予約やターミナルで直接切符を購入する行為は、時期になりますと、利用者が多い為満席で乗車できない可能性が高くなってしまいます。